借地権を弁護士に相談

借地権の様々な手続きに関して、手続きの相手に加えて地主さんとのやり取りが必要になります。地主さんの許可なしに借地権についての手続きを行うことは原則としてできないことになっています。

借地権に関して、長年の付き合いだからということで、地主さんに口頭での許可だけで様々な事務手続きを行ってしまい、後から大きなトラブルになってしまうことも起こってしまいます。同時に手続きの相手とのトラブルが置きてしまうことも考えられます。このようなトラブルの場合には、法律の専門家である弁護士さんに相談するのが良い方法になります。法律的な解釈の元に合理的に判断を行い、トラブルの解決を試みてくれるからです。多くの場合に双方が満足するような解決方法を提案してくれるようになります。

また、弁護士さんですと、借地権の活用に関して正当性があるにも関わらず、地主さんから許可が出ないときに行う裁判所への申したても専門家の立場からスムーズに行うことが可能になります。また、法律の専門家の仲介は当事者同士が感情的になることを防ぐ効果も期待できます。借地権のことはすべて不動産屋さんに相談するのではなくて、場合によっては弁護士に相談することも選択肢として考えておくことも必要になります。